パチンコや競艇・競輪が合法って本当!?賭博とは扱いが違うその理由とは? 理論

ライセンス競輪カジノ 110353

マカオにとり、ゲーミング産業は、この特別行政府の予算の過半を賄う唯一の重要産業になる。 年時点で 人口57万6千人と極めて小さな行政区でしかすぎないが、ゲーミング産業の趨勢がこの特別行政区にとり極めて重要な位置を占めていることになる。このマカオ特別行区政府の規制機関は、特別行政府・財政局(Finance Services Bureau)に、規制当局としての「ゲーミング検査・調整局」(澳門特別行政区政府博彩観察協調局Gaming Inspection and Co-ordination Bureau-DICI-)が設置されている。あくまでもマカオ特別行政区政府の一部局でもあり、独立的な地位を持った機関ということではない。この政府部局が、マカオにおける全ての賭博行為(カジノ並びにパリ・ミュチュエル賭博)の監督・規制・監視・監査・検査業務を一元的に担っている。同局は特別行政府を代表し、規制、監視、認証、許諾、違法行為摘発、行政罰の賦課等、広範囲の権限を保持する。 ゲーミングの施行は、特別行政区が選定された民間事業者に対し、コンセッションを付与するという形式をとり、認められている。コンセッション付与に伴う付帯条件等はコンセッション契約に規定されることになる(欧州ポルトガルの考え方の遺制であろう)。民間事業者はこのコンセッション契約に従い、投資義務を担い、施設を整備し、この施設を一定期間運営して、資金を回収することになる。この関係は、行政契約としてポルトガルの法理が貫徹するようでもあり、米国的なライセンスとは一線を画すと考えることが適切である。

ギャンブル還元率ランキング

こんにちは!Casimo編集部の笠原豪です。 今回は 競馬や競輪などの公営競技と野球賭博などの違法な賭け事の違い についてご紹介します。 競馬や競輪、競艇などの賭け事が大々的に行われているのは国が特別に許可をだしている 「公営ギャンブル」 であるからです。 毎年年末になると話題になる 年末ジャンボやサッカーjリーグの結果を予想するtotoBIGなども公営ギャンブルなので、その収益金は公共事業に使用されています。 一時期ニュースにもなった 野球賭博や相撲賭博は違法ギャンブル です。

IR*ゲーミング学会

ギャンブルをしていると(特に負けてる時)、結局「 一番勝ちやすいギャンブルは何なの!? 」と思うことは多々ありますが、その答えのヒントは「 還元率(控除率) 」にあります。 ペイアウト率(還元率)とは、「 多くの回数遊んだ時、平均して1回に得られる利益率 」を表した数値で、 プレイヤーがかけた金額のうち何%が手元に帰ってくるかという割合 になります。 ギャンブルも事業経営なので運営費を稼ぐ必要があるため、必ず胴元(運営側)が儲かるような仕組みです。そのため プレイヤーは常にマイナスからスタートというのが前提 ではありますが、有名どころのギャンブルの還元率を比較すると 「カジノ・オンラインカジノ」が一番勝ちやすい と言えます。 ちなみに、カジノの中でも数万円~数1,万円の一攫千金狙いができる「 スロットゲーム 」やVIPルームで富裕層が好む還元率約98。

関連記事(一部広告)

ラスベガスといえばカジノ、カジノといえばラスベガス。そんなラスベガスにやって来て本場のカジノをエンジョイしない手はない。  あまりのめり込みすぎるのも問題だが、せっかくはるばる日本からやって来たからにはぜひ楽しんで帰りたいものである。 ところが残念なことに、カジノにまったく興味を示さない日本人観光客も少なくない。  やりたくてもルールがわからない、英語に自信がないというのであればそれはそれで理解できるが、 「ギャンブルは罪悪だ」 、 「絶対に勝てないように仕掛けられている」 、 「どんなに小額でもカジノでおカネを失うのはバカバカしい」 など、勝手な誤解や偏見を持ち、せっかくの体験チャンスをみずから放棄してしまっている者が少なからずいる。(下の写真はラスベガスのカジノ街)。 もちろん「やる・やらない」は個人の自由だが、ラスベガスまで来て遊び心を持つ余裕がないのもあまりにも寂しすぎはしないか。  またそのような誤解や偏見をまわりのビギナーたちに説教している輩も見かけるが、もはやそれはまわりの者にとって迷惑千万な話だ。 とにかく本場ラスベガスまで来てギャンブルをやらないということは、 ハワイへ行ってビーチに一度も出ないようなもの と考えたい。勝ち負けはともかく、なんでもいいからトライしてみようではないか。 少なくともここアメリカではギャンブルそのものに対して罪悪という雰囲気はほとんどない。  罪悪なのは 「ギャンブルにのめり込むこと」 であって(いわゆるギャンブル中毒)、ギャンブル自体は単なるエンターテインメントとしてとらえるのが普通の一般的な考え方だ。だからラスベガスでは老若男女がバケーションの一コマとして楽しそうにギャンブルに興じている。

ディスカッション