地域再生・活性化の成功のヒントはどこに? デジタル活用に見るまちづくりの未来予想図 理論

イベント顔認証でカジノ入 524973

Genetec はIP系セキュリティシステムを牽引する革新的企業であり、ビデオ監視、アクセスコントロール、そして自動車ナンバープレート認識ソリューションから構成される統合製品群を提供することにより企業が変革する手助けをしてまいりました。Genetec 製品はネットワーク技術の利点を最大限生かすようデザインされています。また、お客様が多種多様なエッジ端末や第三者製システムを選択することを可能とし、さらに、システムがお客様のニーズとともに進化し成長するためにこの上ない柔軟性を提供できるようオープンアーキテクチャという考えを基に設計されています。私たちの技術の中心は Security Center(セキュリティセンター)、Genetec がお送りする統合セキュリティプラットフォームです。

総合バイオメトリクスメーカーと呼べるのは世界で3社

いかに地域再生・活性化を実践していくか。これは定住人口の減少や都市部への人口流出といった課題に悩む多くの地方公共団体にとって重要な課題です。ただし、最近では潮目も変わりつつあります。インバウンドの増加や地域イベントの効果によって、地方を訪れる人が増えつつあるからです。ここで重要なのは、単に受け皿を用意するだけでなく、「また来たい!」と思わせる顧客体験の提供です。ここでは、第1回【関西】統合型リゾート産業展/第1回夢洲 次世代まちづくりEXPOの出展をもとに、地域外からの人の集まりによる経済の活性化や、地域の人が健康で暮らしやすいまちづくりのヒントについて、すでに取組みを始めている地方公共団体の事例を紐解きながら考察します。 昨今は地域振興策の1つとして、統合型リゾート(Integrated Resort:以下、IR)の設置が注目されています。年12月15日には衆議院本会議で「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」、いわゆるIR推進法が成立。IRの目玉の1つであるカジノの法制度化への道が開かれることになりました。 NECはAIや生体認証などの先端技術を活用してスマートシティを実現する「NEC Safer Cities」、人やモノ、プロセスを産業の枠を超えてつなぎ、新たな価値を創出する「NEC Value Chain Innovation」を注力事業として取り組んでいます。

イベント顔認証でカジノ入 307302

カジノに欠かせないマイナンバーカードによる本人確認を実現

未来の科学者との対話18 第18回神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集。 今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。

石油、ガス、およびユーティリティ産業のための信頼性の高い投資

どのような目的で顔認証システムが利用されているのか? なぜ、顔認証システムへのニーズが高まっているのか? NECで同システムのソリューション企画を行う服部陽次氏(プラットフォームソリューション事業部 主任)と、販売推進に携わる松川潤氏(プラットフォームソリューション事業部 主任)に、ITmedia ビジネスオンラインの記者が話を聞いた。 服部:  「顔認証」は生体認証技術の一つで、画像や映像から顔を検出し、顔の特徴を分析して人物を識別するものです。セキュリティ環境が求められる部屋の入退室を例に説明しましょう。あらかじめ許諾済みの本人の顔画像をシステムのデータベースに登録します。ドアの前に利用者が立った際、カメラで検出した顔を登録された画像データと照合し、同一人物かどうかを判定、本人であればドアが開錠されます。 服部:  空港での出入国管理や税関など社会インフラの基盤として利用されています。ビルの入退場ゲートなどもそうですが、セキュリティ強化が主な目的です。この他にも、病院や介護施設など「安全・安心」を重視したい現場や、VIP対応が求められる小売店などでの「おもてなし」、入退室とオフィスの勤怠管理とを連携させた「働き方改革」への対応など、さまざまな用途で顔認証システムの利用が広がっています。 松川:  利便性とセキュリティを両立しているところが大きいですね。ポピュラーな手法であるICカードは手軽でコストも安い反面、紛失やなりすましのリスクもあります。フィットネスクラブなどの会員施設では、まさに会員カードの貸し借りによるなりすましが問題となっています。また、会員カードの紛失や、利用日に持ってくるのを忘れた場合、従業員の事務作業工数や管理コストが増えるという課題も見逃せません。顔認証であれば、一度顔情報を登録すればよいので、本人は手ぶらで入場できますし、従業員の負担も軽減できます。

ディスカッション