ジャックと豆の木 パチスロ スロット - 解析攻略・設定判別・天井・打ち方 理論

攻略ツールジャックと豆の木スロット 512976

初打ちしてきましたがこれは最高の台ですね 小役の重複具合が絶妙なのとなによりも気持ちいい告知音がたまらない 個人的オススメは不思議な豆モード。演出と小役の矛盾などの法則性がとても面白い ただし、リーチ目があるもののどのモードも告知が早い為そこは少し残念か?工場は第3停止後が多いからそちらなら楽しめるかも とにかく楽しい台ですね!

まめ - 基本・スペック・初打ち情報

その名も 「ジャックと豆の木」 。童話で知られるあのジャック少年が本機の主人公である。しかし演出のごちゃごちゃした説明はもはや不要だ。そのゲーム性を現段階で知る限り、お伝えしたい。 まず 設定は4段階 。4段階、と聞くと高設定の意味をなくしたあのメーカーを思い出すが…それとはまったく非なるものだ。もちろん 現段階でボーナス確率・機械割は不明 なのでそう楽観的にはなれないが、下記の表をご覧になって頂きたい。 本機にREGは搭載されておらず、ボーナスは全て3種類のBIG となっている。どれも 平均純増枚数枚 と、他5号機機種よりやや多めであることや、リプレイハズシに失敗したジャグラーとほぼ同じ獲得枚数のためなかなか嬉しい獲得枚数だ。 そして何よりも RTがアツい のだ。 RT1ゲームあたりの平均純増枚数は約1。 RT中に左の写真のようなナビが出たら、 左リールにBAR図柄を狙い、中・右リールはフリー打ち。「BAR・ベル・ベル」揃いで15枚役成立 となる。 そしてコチラのように 、「?」揃いのナビが出現すると、15枚役・ボーナス・ハズレ・パンク図柄(RT終了)いずれかが成立している ことになる。 パンク図柄の成立を防ぐためには、左リールに青7を狙えばOK だ(中・右リールはフリー打ち)。 つまり リプパンハズシによってRTを延長させるタイプ で、サミーより輩出された「ボンバーマン」などと同様なのだが、最長ゲームとは嬉しい仕様ではないだろうか。しかも他機種のように1ゲームあたりの平均純増枚数が0。

ジャックとまめの木(日本語版)/ JACK AND THE BEANSTALK (JAPANESE) アニメ世界の名作ストーリー/日本語学習

ディスカッション