IRのポテンシャルを最大限引き出す大阪の優位性 理論

アジア各国の選択夢洲カジノ 853229

さて、横浜市のIR誘致表明によって早くも大手カジノ事業者の大阪離脱が始まっています 。先週のエントリにも書いた通り 、この動きは私としては完全に予想をしていたもの。 本ブログの読者の方々はご承知のとおりですが、元々私は大阪のIR誘致に関して「大阪は良いけど夢洲はNG」というコメントをし続けて来ました。本日のエントリでは、夢洲IR構想のどこがカジノ事業者の評価を下げているのか、それを改めてまとめてみたいと思います。

この記事をみた人はこれらの記事もみています

関西経済同友会が大阪市の夢洲での設置を提言したIR施設のイメージ図。水都・大阪を表わす「なにわ八百八橋」にちなみ、橋をモチーフにとった=(関西同友会提供) 【拡大】。 現在位置: トップ 政策・市況 国内 ニュース詳細 政策・市況 総合トップ 国内 海外情勢 市況 フォト。 カジノを含む統合型リゾート(IR)の大阪誘致に暗雲が立ちこめ、関西財界の積極派がやきもきしている。誘致を目指す大阪市の橋下徹市長が「都構想」の頓挫で政界引退表明し、市議会でのIR調査費予算の大幅減額など失速感は否めない。ただ、関西財界もIRへの考え方をめぐり一枚岩になっているとは言い難く、大阪府・大阪市とのすれ違いばかりが目立つ。官民がまとまらないまま、IR誘致の機運はしぼみかけている。(内山智彦)   橋下氏引退に危機感も  「大阪ではIR誘致の熱が冷めているのでは。このままでは(ライバルの)横浜市に置いていかれる」。今月7日、大阪市内で開かれた府市と関西の経済団体の「トップ会議」で、関西経済同友会の村尾和俊代表幹事(NTT西日本社長)が市議会でのIR調査費予算の減額などの動きに対し懸念を示した。  IR機運の低下に対し、経済界の誘致積極派は危機感を募らせる。府市がIR開設候補地と位置付ける大阪市此花区の夢洲(ゆめしま)でのIR施設イメージ図を独自につくるなど、大阪誘致に前のめりに取り組んできた関西同友会の焦りは特に強い。 「(橋下氏の政界引退は)IR誘致の痛手となるに決まっている」。

2. 交通アクセスが悪い

現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。

ディスカッション