メルコリゾート クラウンとの合弁事業解消 戦略

合法オンラインカジメルコクラウンカジノ 277312

このクラウンリゾート社は、日本でのカジノ合法化に積極的に動いており、実際に合法化された際には、ローレンス・ホー(何猷龍)氏とのマカオのカジノ合弁事業、新濠博亜娯楽(メルコ・クラウン・エンターテインメント)との連携し、東京と大阪南部にIR型のカジノリゾートを建設使用としている。 しかも、投資金額は、50億米ドル(約6,億円)となり、前会長であり現専務取締役でもある、ジェームズ・パッカー氏も以前から安部首相との会談も重ねている。

日本のカジノ合法化に海外のカジノ会社会長が言及

オンラインカジノの法律面での議論は、本当に沢山の場所・ニュースで扱われているので多くの知識を持っている方もいるとは思いますが、日本には「オンラインカジノに適用する確固たる法律」がありませんので、日々最新情報が変わっています。 これまでの情報や事件を含め、現在のオンラインカジノの立ち位置が理解できる様に解説します。 オンラインカジノは、主にはイギリスやマルタ共和国、フィリピンなど、政府機関から運営の認可を受けてサービスを提供しています。 認可を与えている以上、違法では無く合法と国が認めているのです。 これらの国の多くはランドカジノも合法の場合が多く、そのインターネット版であるオンラインカジノにも同様に合法となっています。 カジノのみでなく、オンラインギャンブル全般(ブックメーカー・オンラインポーカーなど)も同様です。 また、有名な事業者には、株式上場している企業もあり、社会的にも認められており、疑う余地はありません。

50億米ドルを投資し、東京と大阪南部にリゾートを開発する

そのような中、マカオから日本のカジノマーケットへの進出を本格的に考えている企業も少なくない。 メルコ・クラウン・エンターテインメント のCEOである、 ローレンス・ホー 氏もその一人である。 また、巨額と2年以上にわたるリハーサルを重ねて公開した「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」を見事成功させたことでも知られている。 若さと先見性と経営手腕は、同業者のみならずマーケットから高い評価を得ている。 急速に発展するアジアの消費者マーケットの要求を満たし、中所得者向けのビジネスを拡大できたことは大きな成功です。 カジノとエンターテインメントの融合としての成功が、アジア全体へのカジノの拡散に拍車をかけた。

ディスカッション