イーコンテクスト、セブン・ペイメントサービスと提携し、送金サービス「CASH POST」での現金受取り方法にセブン銀行「ATM受取」を追加 戦略

新ペイメントサービス換金方法 396635

IT・システム /年05月29日。

1.キャッシュレス決済の種類とそれぞれの特徴

インターネットを使って商品やサービスを販売する場合、決済をどのようにして行うべきかを考えなくてはいけません。その中で、リアルタイムで決済を行うことを前提とした 「オンライン決済」 を検討している方が多いのではないでしょうか? オンライン決済の基本は、 利用率が66。 なぜなら、 日本においては数多くの決済手段が乱立 しており、小規模事業者では、その全てを導入するのは困難であるため、なるべく 費用を抑えて最大限の売上を引き出せるオンライン決済の組み合わせを考えなくて はいけないからです。 まずは、オンライン決済にはどのような方法があるのかを把握しましょう。オンライン決済には下記の 5つの決済方法 があります。 これ以外にも、オンライン決済には 請求書を発行する「コンビニ決済」 もありますが、ユーザーがコンビニまで行って、支払手続きが必要となるため 純粋なオンライン決済にはあたらない ので、本日は解説しません。コンビニ決済については下記の記事をご覧ください。

トラベラーズチェックに関する重要なお知らせ

東日本: 西日本: 。

■各種サービスの資料請求ご希望の方はこちら

緊急事態宣言に伴い電話対応を一時休止しております。 詳細は こちら からご確認ください。 当社はECやネットショップに欠かすことのできないクレジットカード決済などの「 オンライン決済 」に加え、店舗や訪問販売など、対面販売でクレジットカード決済・電子マネー・QRコード決済をご利用いただける「 店舗向け決済サービス 」をご提供しております。 集客や売上拡大をサポートする「 マーケティング支援プラン 」、ECサイトにおける不正使用の低減に貢献する「 不正検知・保証サービス 」も当社の加盟店さまには無償でご提供し、有効なビジネスチャンスを創出いたします。 また、これまでの実績を活かして、当社決済サービスの「 OEMアライアンス・パートナーモデル 」など、事業者さまのニーズに合わせた、さまざまな取り組み方法をご提案いたします。 当社は決済代行事業者として、多くのEC事業者さまに対して加盟店審査と決済サービスをご提供してまいりました。 年にVisa、MasterCard、年にUnionPay(銀聯)の国際ブランドライセンスを取得し「アクワイアラ」というカード会社の立場として、事業者さまや他の決済代行事業者さまの包括加盟店審査を行っております。 審査から決済サービスのご提供までをワンストップで行えますので、決済を含めた新規ビジネスの展開も柔軟にご支援させていただきます。 クレジットカード業界の国際的なセキュリティ基準である「PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard(以下、「PCI DSS」)」の最新バージョン「PCI DSS ver 3。

ディスカッション