カウンティングが簡単!?イギリス版ブラックジャック「ポンツーン」って何だ? 戦略

イギリス版ブラックジャック世界のカジノ 392071

ラスベガスなどのカジノでしか経験できない格別の雰囲気を、インターネットさえあれば気楽に感じることができるオンラインカジノは、たくさんの人にも認知され、ここ数年で非常に利用者を獲得しました。 カジノオープン化に沿った進捗と歩みを一つにするようにネットカジノ関係業者も、日本ユーザーを専門にしたサービスを始め、遊びやすい環境が出来ています。 多くの人が気にしているジャックポットの出現パーセンテージとか傾向、サポート体制、入出金方法に至るまで、全てを比較されているのを基に、あなたの考えに近いオンラインカジノのページをチョイスしてください。 お金が無用のオンラインカジノで遊べるゲームは、ユーザーに注目されています。と言うのも、勝率を上げるための技能の発展、もっと始めてみたいゲームの戦い方を練るために役立つからです。 人気の高いオンラインカジノを比較しているサイトを見て、ひとつひとつのゲームを入念に考察し、自分に相応しいオンラインカジノを、選出してもらえればと考えています。

「ポンツーン」ってどんなゲーム?

なんとなくカジノの遊び方やマナーについてはわかったかな?もし カジノゲームで勝ちたいと思っているならオンラインカジノで予習しておく といいぞ。 カジモ編集部がおすすめするベラジョンカジノは カジノゲームが無料で遊べる機能 がついてるんだ。 オンラインカジノで勝つ方法と勝ち方の法則を解説!こちら見ていない方は確認 英国と呼ばれているイギリスに行かれたことがあるという方がいらっしゃるのであれば、街の至るところにカジノが点在していることに気がついたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 イギリスのカジノは会員と一緒に行くか、会員登録をしてから24時間後にしか入れない規則があります。イギリスに行く前に知っておきたいのカジノホテル情報や旅行記をご紹介します。 オンラインカジノとは?違法なのか?換金できるのか?本当に儲かるのか?「日本一のハイローラー」グリの失敗談から学ぶオンラインカジノとの向き合い方、入出金の具体的な手順や遊戯パターンなど、これから始める初心者の方へ知ってほしい内容満載です。実践ブログも大好評連載中! オンラインカジノとは?違法性や安全性・評判を徹底的に調べてみた こんにちは!Casimo編集長の笠原豪です。 今回はみなさんが気になっている「 オンラインカジノとは? 」についてご紹介していきます。近年インターネットが発達して、スマホさえあれば何でも調べられる時代になってき。 本日は私がカジノで実践している攻略法を教えます。まず、攻略法は違法なやり方ではありません。しかし、カジノ側にとってフリな方法ですので、派手にすると追い出される可能性は高いです。実際にひどいケースになると、全世界のカジノに入れなくなる可能性もあります。 ポンツーン(イギリス式ブラックジャック)の基本ルール ポンツーンは一般的なブラックジャックと似ていて非なるものです。 カードの合計数字を21に近づける点は同じですが、細かい点や攻略法に違いを見出せるでしょう。 ノーマルタ。

ブラックジャックとポンツーンの違いは?

ブラックジャックとの違いは、勝負するまでディーラーのカードが全てブラインドされている点です。 ブラックジャックの場合、ディーラーはカードを1枚オープンすることが義務付けられていますが、ポンツーンは全てクローズド。 この為、ポンツーン 勝負時に配られた2枚での21。ブラックジャックで言う「ナチュラルブラックジャック」 の保険となるインシュランスとベーシックストラテジーは使用する事ができません。 ですが、使用するカードはジョーカーを除く52枚だけという少なさ。 この数の少なさで、「カウンティング」というテクニックはブラックジャック以上の効果があります。 数の数え方は、ブラックジャックと同様で、J・Q・Kのピクチャーカードは10としてカウント。Aについては1と11、どちらか好きな方を選んで良い事になっています。 但し、Aとローカード 低い数字のカード での「17」はソフト17という扱いになり、ディーラー側のみ強制でツイストする義務が発生。この点ではブラックジャックと異なり、当然ですが17からバースト、という事もありえます。 このルールによってディーラーカードのブラインドによる不利益がカバーされる形となっているのが本家ブラックジャックとの違いです。 ゲームテーブルでベットを行ったら即座にゲームが開始となりますますが、ディーラーが手札を先に確認し、開始2枚でポンツーン 開始時の手札2枚での21 が成立している場合は、自動的に負けとなります。 ここでディーラーがポンツーンでなければ自分の手札の確認。 手札の点数次第でカードを追加するかどうかを判断する事になります。 追加の場合は指でテーブルを2回、トントンと小突けばOK。 ブラックジャックにおけるヒットと同様で、発声で促す場合は「ツイスト!」と言います。 21を越えるとバーストとなり、自動的に負けが確定しますが、その範囲内なら5枚まで引く事が可能です。 ここで任意の数でステイ カードをこれ以上引かずに現在の点で勝負 、ディーラーの星の点数と勝負することになりますが、ブラックジャックとの違いに「5トリックカード」という物があります。 これはどういうものかと言うと、手札がどれほどクズカードの寄せ集めであっても、バーストせずに5枚引ければ無条件で勝ちが確定し、配当は3倍。昔、日本のSEGAが出していたゲームセンターで流行ったブラックジャックのルールでもあった「5カードWIn」と同じルールです。 大きく勝つ上での欠かせない特殊役となっています。 もちろん、ナチュラルでの21成立も特殊役となり、ポンツーンとして3倍の配当が受けられます。

イギリス版ブラックジャック世界のカジノ 170524

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

イギリス・ロンドンで最も賑わいを見せるエリアの一つ「ピカデリーサーカス」と「レスタースクウェア」のちょうど真ん中にあるのが「 ヒッポドロームカジノ (Hippodrome Casino)」です。

ディスカッション