外貨預金のメリット・デメリットは?注目される理由を解説! 戦略

メリットとデメ為替レート 645068

TOPページ 関連サイト サイトマップ サイトポリシー このサイトについて 教職員・保護者のみなさまへ。

1. 円ではお金を増やしづらい今、外貨が注目されています!

今回は、まだ資産運用に取り組まれたことがない方にもわかりやすく、外貨預金のメリットとデメリットをご紹介します。外貨預金を始める前提として、生活に必要な資金は円預金としてとどめ、余裕資金を使って外貨預金を運用しましょう。賢く運用すれば、将来的に円預金のみ以上の資産形成が期待できます。 まず、先程の例のように金利は国(通貨)によって異なるので、円よりも金利の高い外貨預金に期待を寄せているわけです。 とはいえ、「初心者がいきなり外貨の運用を始めても大丈夫なの……?」とためらってしまう人もいることでしょう。確かに、内容もよくわからないものには手を出すべきではありません。 しかしながら、外貨預金の仕組みはそれほど難しくなく、さらに少額から試してみることも可能です。また、1カ月単位で様子を見ながら運用の継続・解約を判断できるタイプも用意されています。ニュースやインターネットなどで為替レートの動きを確認することもできるので、初心者でも安心してスタートすることができます。 お金を預けたら、あらかじめ定められた金利の利息が付き、満期(預入期間の期限)にそれらを受け取れるという仕組みは、外貨預金も円預金と同じです。大きな違いは、超低金利が適用される円預金に対し、外貨預金はその通貨の発行国によっては高金利なものがあり、円預金と比べて金利による利益が見込めることにあります。 世界の国々は景気の動向などに応じて金利をコントロールしており、それぞれで水準に違いがあります。たとえば、円預金では年利0。 もう一つ、外貨預金が円預金と大きく異なっている点があります。それは、為替の変動によって預けている外貨の資産価値が高くなったり、逆に低くなったりすることです。 海外旅行を経験している人ならイメージしやすいと思いますが、為替レートは日々変動しています。たとえば、米ドルに対して円安が進むと、米ドル預金に預けている資産(米ドルに換えている元金)の価値が高まります。逆に円高に振れると、米ドル預金に預けている資産の価値はその分だけ低下します。 円高とは、その外貨に対して円の価値が上昇していく現象です。反対に円安とは、その外貨に対して円の価値が低下していくことです。 たとえば、1米ドル=円だった為替レートが1米ドル=円になったと仮定しましょう。それまでは1米ドル紙幣を手に入れるためには円が必要でしたが、円で済むようになっており、それだけ米ドルに対して円の価値が高まった(円高が進んだ)ことを意味しています。 では、正反対のパターンで、1米ドル=円だったレートが1米ドル=円に変化したとしたらどうなるでしょうか? 以前は円で1米ドル紙幣を得られていたのに、円も出す必要が生じており、米ドルに対して円の価値が下がった(円安が進んだ)ことになります。

円高・円安による影響は?

第二次世界大戦末期の年に、 国際復興開発銀行 IBRD と 国際通貨基金 IMF が設立されます。

【初心者必見】FXの5つのメリットと3つのデメリットをお金のプロが解説!

たとえば、 1ドル=円のときには、万円で1万ドル買えます。しかし、レバレッジを10倍かければ、万円で10万ドル買える ようになります。 FXでは、金利の高い通貨を買って持っていると、 「スワップポイント」 がもらえます。スワップポイントは、2つの異なる通貨の金利の差額にあたるお金です。現状、日本円の金利はとても低いため、円で他の国の通貨を買えば、ほとんどの場合スワップポイントがもらえるでしょう。 為替レートは 平日ほぼ24時間動いているので、いつでも取引が可能 。日中忙しい方も、夜落ち着いてから売買できるというわけです。お手持ちのスマホやパソコンでできて手軽です。 この2種類の差額(スプレッド)が実質的な手数料となっています。FXのスプレッドは非常に安く、 外貨預金にかかる手数料の数十分の一、数百分の一 で済むこともあるほどです。 多くの投資では、買ったものが値上がりしたときに利益を出せます。FXもそれは同じです。しかしFXでは、 これから値下がりしそうな通貨を先に売って、値下がりしてから買い戻すことでも利益が出せます 。

ディスカッション