【ミャンマー特集】 最南端の豪華カジノリゾート「富豪島」 プラクシス

日本語対応可能ミャンマカジノ 580566

航空券 レストラン 観光 はじめての方へ。

ナガワールド(Naga World)って?

本稿ではIR(統合型リゾート:Integrated Resort)施設におけるノンゲーミング施設のうち劇場やアリーナとも呼ばれるエンターテイメント施設の概要と今後IR事業への参入を検討している企業が留意すべきエンターテイメント施設の検討課題に関して解説します。 デロイト トーマツではエンターテイメント施設の事例調査、収益性検討、事業スキーム等の検討についてもプロジェクトを支援してきました。エンターテイメント施設に関する検討課題の一例は以下のとおりです。 本稿に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問い合わせください。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえたIRビジネスに関連する幅広い調査・分析を行っています。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループ info-irbg tohmatsu。

統合型リゾート(IR:Integrated Resort)

プノンペンのカジノについて気になる方も多いのではないでしょうか。プノンペンには「ナガワールド(Naga World)」という有名で大規模なカジノがあります。年初旬、前年における「ナガワールド」のVIP顧客による賭け金総額がカンボジアのGDPを超えたというニュースが在住者の間で駆け巡り、衝撃を与えました。 服装について気になる方もいるかもしれません。「ドレスコードがあるの? 」「カジュアルな格好で行ったら浮く? 」という不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。心配は無用です。「ナガワールド」では服装に関する規則は特になく、半袖短パンの人、サンダルの人、スーツの人、ドレスコードの人、はたまたパジャマのような格好の人など、様々です。ご自身のいつもの服装で行って問題ありません。 プノンペンの中心に佇む本格イタリアン「il forno(イル フォルノ)」。 シックな大人空間で、ピザやパスタをはじめとする幅広い本格イタリア料理を愉しむことができます。 大切なお食事のもう一つの主役として、オーナー自らが厳選したワインも充実のラインナップ。 ホーム 生活情報 夜遊び プノンペンのカジノ「ナガワールド」を解説! ホテル内の施設まで。

プノンペンのカジノ「ナガワールド」を解説! ホテル内の施設まで

日本版IRの投資規模は約50億ドルが予想され、日本はマカオに次ぐ世界第2位のゲーミング市場規模になると言われています。 日本のゲーミング(カジノ)における会計基準の早期整備が必要となります。 カジノ施設ではテーブルゲーム、スロットマシーン、カードゲーム等様々なゲームが行われます。カジノ施設における収益の獲得活動は、カジノ事業者が顧客とのゲームに参加し、その両者が勝負の結果として金銭またはその他の経済的価値を得たり失ったりする可能性のある活動(カジノ活動)と ゲームには直接参加せず、場を提供しゲームを運営することで、手数料を受け取る活動(カジノ関連活動)に区分されます。カジノ活動にはテーブルゲーム(ブラックジャック、ルーレット、バカラなど)やスロットマシーン、ビンゴなどが含まれます。カジノ関連活動にはポーカーやトーナメントゲームなどが含まれます。 IR(Integrated Resort:統合型リゾート)実施法案の審議開始から免許交付までの間に、IRビジネスグループでは参入を目指す日本企業に対し、さまざまなアドバイザリーサービスを提供します。 下記IR(統合型リゾート、Integrated Resort)についての海外事例のナレッジを提供している、 IRビジネスグループ の最新の活動をご紹介いたします。 オペレーショナルリスク・プラクティスの日本責任者、IR(統合型リゾート)ビジネス・プラクティスの責任者を務める。 公認会計士、公認内部監査人、公認不正検査士。 年公認会計士登録。 【オペレーショナルリスク・プラクティス】 15年以上にわたり、リスクアドバイザリー業務に従事し、オペレーショナル・リスク領域のプロジェクト責任者を多数務める。 専門分野は、コーポレートガバナンス、内部統制、内部監。

ディスカッション