ついに誕生した史上最大の客船シンフォニー・オブ・ザ・シーズ

世界一豪華客船カジノ 822129

こんにちは! 添乗員の渡辺廣樹です。 先日、カリブ海クルーズツアーに添乗をしてまいりましたので、 船内や寄港地の様子などご紹介します。 今回乗船したのは、ロイヤル・カリビアン・インターナショナルの 「オアシス・オブ・ザ・シーズ」 22万トンクラスの巨大な客船で、世界最大級の大きさです!! 圧倒的な大きさに誰もが驚きます。 全長m、幅66m、そして18階相当の高さがあり、 まるで巨大ホテルが海に浮いているかのようです 足を一歩踏み入れると、船内はまるで一つの大きな街!! 乗客定員5,名、乗組員1,名ということからも 「船」より「街」という表現がしっくり来ます 笑 セントラルパークやボードウォーク、ロイヤルプロムナードなど各フロアの目抜き通りを挟む、 二つの大きなタワーでできているような構造です。

世界最大級のクルーズ船「オアシス・オブ・ザ・シーズ」でカリブ海クルーズ!添乗員による乗船記です♪

タクシーはサンズを横目に港に向かった。やがて前方に巨大な船が見えてきた。 クルーズ客船「オベーション・オブ・ザ・シーズ」だ。 巨体に視界が遮られる。港が日陰になるほどの姿はまさに海に浮かぶ町のよう。 しかしクルーズ船のカジノはやや違う。 最大の特徴は初心者が安心して遊べることだ。中にいるのは船の客だけ。ほとんどが旅のついでにカジノも体験してみようという人たちだ。ディーラーもそれを承知し、初心者にも嫌な顔一つすることなく懇切丁寧に教えてくれる。 そんなクルーズ船のカジノにはもう一つ特徴がある。 レートが低いのだ。 レートとは1回のゲームに賭ける最低賭け金のこと。たとえばブラックジャックなら10米ドル。地上のカジノの半分以下だ。カジノで遊ぶには大金が必要なイメージがあるが、船のカジノは庶民の小遣いで遊べるのだ。 長い列。チェックイン。そして船は出港し、マレーシア往復の旅が始まった。 さっそく乗客はレストランに行き、おいしい食事に舌鼓を打った。しかしぼくの心はおだやかではない。カジノがぼくを待っているのだ。食事も早々に切り上げ、ぼくはカジノに向かった。

ついに誕生した史上最大の客船シンフォニー・オブ・ザ・シーズ | 朝日新聞デジタル&TRAVEL(アンド・トラベル)

TASCLAP. - IV - TR-1G - - OK -   - TASCLAP 5 10 - TASCLAP 10 -  6 - Wi-Fi Wi-Fi - PIICA - Steam3 4K XH PC.

ディスカッション