カジノで有名な4つの国と体験談

日本人限定にヨーロッパ最大のカジノ 977275

茨城県出身。高校卒業後、早稲田大学に進学するも京都で学生生活を送るという夢を捨てきれず再受験を決意。仮面浪人を成功させ京都大学に入学。 TABIPPOに参加して旅の素晴らしさを知り、バックパッカーとしてアジアを中心に旅を重ね、TABIPPO大阪では広報スタッフを務める。年7月から日間の世界一周の旅にでる。趣味は京都のお寺巡り。

カジノに特化し、格式も高いヨーロッパ型スモールカジノ

ヨーロッパでは格式の高いカジノがあり、ネクタイ着用など服装が定められている「ドレスコード」を規定しているカジノが多く存在します。また、会員制と採用し格式を重んじたスタイルで運営し、特に高所得者層からの利用で、その地位を守っています。 アメリカなどに代表される、ショーエンターテイメントやコンベンションなどを複合した「テーマカジノ」ではなく、カジノギャンブリングだけの運営スタイルがヨーロッパ型の主な特徴といえます。 イギリスには軒のカジノがあり、他の諸国のカジノの多くは大都市から30km以上離れた場所にあるのに対して、イギリスのカジノは街の中心地にあります。 全てクラブ組織となっており、18歳以上限定の会員制で、入会申請後24時間待たなければならないクラブや、現地申込後48時間を経過しないと入場できないクラブなど、その規定は厳格であります。

ディスカッション